2007年06月12日

日経225先物とは? 3

大証の始値とシカゴの終値は、裁定取引によって同等の値段で始まります。
裁定取引というのは、同じ商品が、違う市場で違う値段で売買されている場合、その値段差を利用することによって、利益を出す取引のことをいいます。
そうすると、2つの値段を持つ1つの商品は同じような値段になっていきますね。
ということは・・日経先物大証の始値と、CMEの終値が大きく離れて始まるというのはなにか波乱がありそうということです。
posted by 素人主婦 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経225先物とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。